モグニャンキャットフード 危険

尿路系トラブル予防に最適なキャットフードは?


先に答えを言ってしまうと、ペット大国イギリスで作られているモグニャンという高級キャットフードです。

 

モグニャンは穀物不使用のグレインフリーで人間の赤ちゃんでも食べられる原材料を使用していて、危険な粗悪な原材料や添加物は一切使用されていません。

 

このモグニャンの原材料のひとつには、『クランベリー』というフルーツが使われています。

 

 

このクランベリーには、尿のphを酸性化して尿路系トラブル予防の効果が期待できるみたいなんです。

 

クランベリーにはキナ酸という成分が含まれており、尿のpHバランスを正常に保ち、菌の増殖を抑制するとともに老廃物の排出を助ける働きもあるそうで、そのため、尿道炎や膀胱炎などにも効果があるとされている成分なんだそうです。

 

今すぐモグニャンで尿路系トラブルの予防をしたい方はこちらからどうぞ

>>尿路系トラブル予防ができるモグニャンキャットフード公式サイトはこちら<<

 

更に、最近の研究ではクランベリーに含まれる、濃縮タンニン、プロアントシアニンが、様々な胃の病気の元となるピロリ菌から胃を守る働きがあることも発見されているそうですよ!

 

クランベリー最高と思いませんか?

 

クランベリーを原材料のひとつに選んでくれているなんて、本当に猫ちゃんの健康の事を考えてくれてるんだなと感心します。

 

他には、私もよく知っているブルーベリーにもポリフェノールが多く含まれていますが、クランベリーは一般的なブルーベリーの2倍以上のポリフェノールを含まれています。

 

ポリフェノールには抗酸化作用があり、アンチエイジングや血液をさらさらにして動脈硬化を予防する効果があります。

 

さらに、クランベリーにも食物繊維やビタミンも多く脂肪分も低いので、便秘気味や肥満気味の猫ちゃんにモグニャンをオススメできる理由でもあります。

 

さすが!愛猫家のカナガンスタッフが総力を挙げ、1年の歳月をかけて作られたキャットフードだけのことはあります^_?☆

 

これらの効果から、クランベリーを継続的に摂取すると、様々な健康維持に役立てることができるということです。

 

腎臓病と尿路結石症の予防にはモグニャン

 

モグニャンでは他のプレミアムキャットフードの成分と比較しても、リンとナトリウムの値、そしてタンパク質と脂質も低いので、運動量が少なくなり肥満がちな室内飼いの猫ちゃんにも適しています。

 

ですので、リスクを少しでも減らすために子猫のころからモグニャンを食べさせるという習慣をつけるのも、ひとつの選択だと思います。

 

キャットフードは毎日食べさせるものですから、同じ家族の猫ちゃんにも安全なものを食べさせてあげたいですよね?

 

尿路結石症には「塩分」を抑えたキャットフードが特におすすめです。

 

モグニャンキャットフードは塩分の含有量が他のキャットフードと比較しても必要最低限に抑えられています。

 

腎臓病の猫ちゃんが療養食を食べない時は、リンとナトリウム、マグネシウムの数値も療養食と比較してもそこまで変わらないモグニャンを混ぜてみるというのもいいかと思います。

 

腎臓病、尿路結石症、どちらにも言えることですが、常に新鮮な水を用意して猫ちゃんがちゃんと水分を取れるようにしてあげるのも、病気の予防に繋がりますよ(^_-)-☆

 

同じ家族の猫ちゃんが病気になる前に、モグニャンキャットフードで予防をしてみませんか?

 

>>尿路系トラブル予防ができるモグニャンキャットフード公式サイトはこちらです<<