モグニャンキャットフード 危険

キャットフード会社、販売店(ペットショップ)に騙されるな!

 

キャットフードを選ぶ時には必ず原材料名をチェックしてほしいのですが、その原材料名に書かれていることを鵜呑みにしてはいけませんよ!

 

なぜかと言いますと、キャットフードを作っている会社は私たちを騙す手法を使っているからです。

 

その手法とは【習慣的手法で分割】という方法です。

 

この方法は、有名なペットフードメーカーのロイヤルカナンやヒルズといった大手の企業も使っています。

 

まず、キャットフードの原材料名には原材料が多く使われている物を左から順番に書くようルールが決められていることはご存知でしょうか?

 

今すぐ原材料に嘘がないモグニャンキャットフードの詳細を知りたい方はこちらです

>>モグニャンキャットフード公式サイト<<


 

私たちを騙す『習慣的手法で分割』とは?

 

これは、「当社のキャットフードはお肉をメインに使ったキャットフードですよ。」とアピールする方法なのですが、本当は原材料のメインに使われているのはお肉ではなくて、穀物類であることを隠す為に使われている方法なのです。

 

ロイヤルカナンの原材料名で例えますと、ロイヤルカナンの原材料名は左から順に、

家禽ミート、とうもろこし、植物性繊維、植物性分離タンパク、コーングルテン、小麦・・・

となっています。

 

(家禽ミートは鶏、七面鳥となっています。)

 

家禽ミートとして材料に使われている「鶏」と「七面鳥」を合わせて1つの原材料として表示しています。

 

なぜ、鶏と七面鳥を合わせて、ひとつの原材料として書いているかと言いますと、これは「家禽」としてひとつにまとめた方が「鶏」+「七面鳥」となることで「家禽」としての量が増えるので原材料の1番左側に記載できる為です。

 

これが、「鶏肉をメインに使っているキャットフードですよ!」とアピールしているということです。

 

次に、2番目に使われている原材料は「とうもろこし」ですが、5番目に書かれている「コーングルテン」も実はとうもろこしなのです!

 

コーングルテンとは、とうもろこしの胚芽に含まれる植物性のタンパク質のことです。

 

なので、わざわざ別々に表示する必要は無く、一緒にしてしまえば良いと思いませんか?

 

もし、家禽ミートの「鶏」と「七面鳥」を分けて書き、「とうもろこし」と「コーングルテン」をひとつに合わせて【習慣的手法で分割】を使って書くとどうなると思いますか?

 

もうおわかりでしょうか?

 

原材料名の順番が下記のように入れ代わってしまうかもしれないのです。

 

とうもろこし、鶏、七面鳥、植物性繊維、植物性分離タンパク、小麦と続くのです。

 

【習慣的手法で分割】このようなことが平然と行われているのがペットフード業界です。

 

ロイヤルカナン、ヒルズ、アイムスは比較的、健康志向の高い飼い主さんが愛猫に与えているキャットフードの中で1番多いと思うのですが、これらのメーカーでも当たり前のように【習慣的手法で分割】が使われています。

 

話しは少しずれますが、小麦に含まれるグルテンは過敏症の人にとっては有害で、アメリカでのアレルギー誘発物質として上位から10位以内に入る物質です。

 

犬や猫も同様で、グルテンによるアレルギー反応が出る場合がありますので気をつけてキャットフードは選んだ方がいいです。

 

習慣的手法で分割の何がいけないのか?

 

猫ちゃんは本来、真性の肉食動物で腸が短い動物でもあるから、とうもろこしや小麦などの穀物類の消化吸収が苦手なのです。

 

実際にそれらの消化吸収能力は雑食の犬に比べて2.5倍も劣ると言われています。

 

猫ちゃんが消化吸収を苦手とする穀物を原材料に大量に使って、猫ちゃんが本来一日に必要とする栄養素をどれだけ消化吸収して摂取出来ると思いますか?

 

この【習慣的手法で分割】によって、私たちの愛猫はあなたの知らないところで少しずつ、慢性的な栄養不足(良質な動物性タンパク質や脂質をはじめとする必須栄養素が摂取できず)に陥る危険性があります。

 

そして、この事を知らない人は多くいます。私もネットで調べるまでは【習慣的手法で分割】なんて言葉すら知らなかったです。

 

猫ちゃんは肉食動物だから、必要なのは良質な動物性タンパク質、タンパク質の元になるアミノ酸(ビール酵母)やオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸が含まれたサーモンオイルなどです。

 

動物性たんぱく質の割合が多ければ多いほど消化・吸収率もあがるし、何より人間にはわからない良質なタンパク質のにおいをかぎ分けて食欲が左右されるのです。。

 

つまり、動物性たんぱく質が少ないのに食いつきが良いフードは何かしら人工的な香料や調味料で味付けがされている可能性がはるかに高いと言えます。

 

ですので、猫ちゃんと同じ家族の私たちがキャットフードの原材料を見極める力をつけるしかないのです。

 

心配なのは栄養不足だけではなく、病気になる確率も高くなります

 

心配なのは栄養素だけじゃありません。穀物が多いと、猫ちゃんには様々な負担がかかります。消化が苦手な穀物が含まれているということは、慢性的に消化器官に負担をかけるということになります。

 

さらに、穀物類にはアレルギーになりやすい原因や肥満になりやすい原因にもなっています。

 

もし、小さい子猫の頃からこのような穀物類が含まれたキャットフードを食べさせていたら、ずっと消化器官に負担をかけ続けることになります。

 

それによって酷使した消化器官(主に腎臓や腸に負担がかかる)が本来健康なキャットフードを食べ続けた猫ちゃんよりも早く衰えてしまいます。

 

酷使した消化器官は実際の年齢よりも早く衰えて病気にかかり易くなる可能性が高くなってしまうでしょう。

 

これによって消化器系の病気になるリスクが高くなることを、ペットフードを作っている会社が知らない訳がないんです。

 

猫ちゃんに本来必要な食べ物・栄養素については熟知しているはずなのにも関わらず、ペットフードメーカーは私たちが知らないところで、私たちを騙すための方法を密かに行っています。

 

そんなキャットフードメーカーを本当に信用出来ますか?

 

私たちを騙すようなペットフードメーカーのキャットフードをあたは可愛い愛猫に与えられますか?

 

>>私たちを騙さないモグニャンキャットフード公式サイトはこちらです<<