モグニャンキャットフード 危険

バナナが含まれたキャットフードってどうなの?

 

キャットフードにバナナが原材料として使われていることってなかなかないですよね?

 

原材料名に『バナナ』が書かれているのを見かけた人もなかなかいてないと思うんですよね。

 

動物に対する法律やペットフードの規制が厳しい動物愛護先進国イギリスで作られたモグニャンキャットフードの原材料のひとつにバナナが含まれているのはご存知でしょうか?

 

バナナ以外でも、リンゴやクランベリーといったフルーツも使われているんですよ。

 

これだけ見ればめちゃくちゃフルーティーなキャットフードな感じがしますよねw

 

モグニャンキャットフードの食材は厳選された新鮮なものばかりで、メインで使われている食材は白身魚なんです。

 

しかも、使用されている食材は全て人間でも食べれますし、赤ちゃんの離乳食にも使われるほどなんですよ。

 

ですので、フルーツもたくさん含まれていますが、モグニャンキャットフードの香りはしっかりお魚の出汁のような美味しそうな香りがします。

 

 

今すぐモグニャンキャットフードの詳細を知りたい方はこちらからどうぞ

>>モグニャンキャットフード公式サイト<<

 

バナナの成分と効果とは?

 

キャットフードの原材料にバナナが使われることはめったにないと思うので、どうしてバナナを原材料に選んだのか気になりますよね?

 

バナナにどんな成分や効果があるのかということをご紹介したいと思います。

 

バナナには、高い整腸作用があることを知っていましたか?

 

バナナの整腸作用が高いのは、バナナが2種類の食物繊維をバランスよく含んでいるからです。

 

さらに、バナナには整腸作用を高めるフラクトオリゴ糖という成分も含まれているのです。

 

2種類の食物繊維でお腹スッキリ!

 

バナナには『水溶性』と『不溶性』の2種類の食物繊維が含まれて、それぞれ違う働きをしてくれます。

 

この、違う働きをする2種類の食物繊維が両方バランスよく含まれているので、食べるだけで両方の効果を得ることができるため、整腸作用が高いと言えるのです。

 

リンゴに含まれている『ペクチン』という成分にも整腸作用がありますので、このバナナとリンゴのWの効果で猫ちゃんの下痢や軟便、便秘の解消効果、期待大ですよね。

 

バナナには整腸作用を高める成分がまだあった!

 

バナナの整腸作用を高めるもうひとつの成分、それは、『フラクトオリゴ糖』という成分です!

 

フラクトオリゴ糖は分解されないまま大腸に届くことで、ビフィズス菌の餌になり、整腸作用があるのとともに虫歯になりにくくする効果まであるんです!

 

バナナが含まれているおかげで、猫ちゃんが虫歯になりにくくなるキャットフードなんか聞いたことがないですよ!

 

モグニャンは本当に愛猫家の方が開発したキャットフードなんだなという感じです。

 

バナナの効果で大腸が刺激されたり腸内の環境が整ったりすると、便意が促されます。

 

ということは、バナナの整腸効果で便秘の解消が期待できるという訳です。

 

猫ちゃんの便秘気味や下痢で悩んでいる方は、整腸作用がたっぷり含まれたモグニャンキャットフードでスッキリできる可能性が高いですよ!

 

>>食物繊維たっぷり!便秘・下痢が解消されるモグニャンキャットフード公式サイトはこちらです<<