モグニャンキャットフード 危険

愛猫がフードを食べない。猫の水不足は危険なサイン!

猫ちゃんの水分不足は腎臓病や泌尿器系の病気にもなりやすい要因というのはご存知でしょうか?

 

 

猫ちゃんの体は60%〜70%が水分で占められているそうです。私達人間と同じようなものですね。
子猫の場合は水分の量がもっと多くなるそうです。

 

猫ちゃんの身体は本来、水が少なくても生きていける様に作られています。というのも、もともと猫の祖先は砂漠地帯で生きていたそうです。

 

ですので、体内から失われる水分が少なくても済む様に腎臓は尿を濃縮してくれます。これが、猫が水分の少ない地域でも生きることができた要因なのです。

 

猫ちゃんの体を支える上で大切な水ですが、この特徴的な猫ちゃんの体の仕組みが腎臓に負担をかけていて腎臓病になりやすい要因になっています。また、腎臓病の他にも尿路系の病気にもなりやすくなります。

 

猫ちゃんが歳をとるとオシッコをたくさんするようになり、水をたくさん飲むようになるという症状が現れる場合もあります。

 

この場合、腎臓の働きが低下している可能性が考えられます。オシッコの回数や量が増えるため、水をたくさん飲まないと脱水症状を起こしてしまう危険もあるのです。

 

今すぐ腎臓病予防のできるモグニャンキャットフードの詳細を知りたい方はこちらです

>>モグニャンキャットフード公式サイト<<

 

猫ちゃんに水を飲んでもらえるように工夫をしてみる

 

 

ドライフードでは限界ギリギリと言われる7%も水分が含まれるモグニャンキャットフードに切り替えるのもいいのですが、猫ちゃんがあんまり水を飲んでくれない時はひと工夫してみましょう。

 

私も愛猫家の友達から聞いて初めて知ったのですが、猫ちゃんは冷たいお水よりも常温やぬるま湯を好むそうです。

 

私は友達からこの話を聞くまでは、夏場は暑いだろうなと思い、氷まで入れた冷たいお水をいつも用意していました。

 

猫ちゃんには申し訳ないことをしました。

 

たまに水道水の匂いを嫌がる猫ちゃんもいてますので、そういう時は一旦煮沸してあげるのもいいと思いますよ。

 

他には、水を入れる食器を変えてみるというのもひとつの工夫です。楽天でも、水をまろやかにする効果があるヘルスウォーターシリーズという食器が売っています。この食器もけっこう人気があります。

 

動いてるお水や、流水が好きな猫ちゃんにはフレッシュフローなどの給水器もオススメです。我が家の猫ちゃんは流れるお水が好きそうなので、自動で滝のように流れるフレッシュフローという給水器を使っています。

このフレッシュフローには活性炭フィルターを取り付けて使いますので、常に新鮮なお水を猫ちゃんに飲んでもらうことができます。
(活性炭フィルターは定期的な交換が必要です。)

 

水を入れた食器をいくつか用意して部屋の色んな場所に置いておくのもいいと思います。

 

この場合も新鮮なお水を用意するというのが第一です。

 

フードはよく食べるけどどうしても水を飲む量が少ない場合は、ドライフードをお湯でふやかしてあげたり、ウェットフードに水を入れてあげて与えるのもオススメです。

 

猫ちゃんが水分不足の時は1度この方法を試してみてはいかがでしょうか(^_-)-☆

 

>>腎臓に負担のかからないモグニャンキャットフード公式サイトはこちらです<<